コスパ最高のオリジナル作成 & 衣料品や雑貨の通販お役立ち情報

ハイクオリティで、ロープライス!個人の方から企業、団体の方まで必見!

 オリジナル作成やカスタムオーダーのノウハウや、

卸通販のお得な情報やお役立ちコンテンツを配信中!

Original

企業イベント用のポロシャツを作るならプリントよりも刺繍がおすすめ

企業イベントの際、社員で揃いのポロシャツをユニフォームとして着用すると、場も華やかになり、気負わないお祭りムードが演出できます。

オリジナルポロシャツといえば、会社ロゴなどをプリントするイメージを持たれている方も多いでしょう。しかし、今回おすすめしたいものは刺繍を施したポロシャツです。今回は、プリントよりもオリジナル刺繍をおすすめしたい理由をご紹介します。


【目次】

刺繍ならではの高級感がある

刺繍はプリントよりも耐久性に優れている

ポロシャツに刺繍できる範囲は?

刺繍に向いているロゴのデザインは?

まとめ


刺繍ならではの高級感がある

ブランドもののポロシャツのなかには、無地のポロシャツの胸元に小さくブランドマークが刺繍されているものが多く販売されています。そうしたポロシャツをイメージしていただければおわかりのとおり、刺繍はプリントよりも高級感が感じられる点がメリットです。


プリントは、のっぺりとして、時に安っぽさが感じられてしまいます。刺繍で仕上げたポロシャツは、企業の「きちんと感」を演出するアイテムにとしても、一役買ってくれるのではないでしょうか。


オリジナルプリントや刺繍を施せる衣類には、ポロシャツのほかにTシャツがあります。Tシャツよりもポロシャツの方が、素材に高級感があるものです。せっかくポロシャツを選んだのであれば、刺繍でさらにワンランクアップした衣装を用意したくはありませんか?


刺繍はプリントよりも耐久性に優れている

プリントは、洗濯などによる摩擦に弱いため、繰り返し身につけているうちにプリント部が剥がれたり掠れたりしてしまうデメリットがあります。ところどころ剥がれたポロシャツは、みっともなく、くたびれた印象を与えてしまうものですよね。企業イベント時にくたびれたポロシャツを身につけている社員がたくさんいるのは、場の雰囲気としてもよくありません。


一方、刺繍はひとつひとつ糸で縫い上げているため、洗濯を繰り返しても、もちろん剥がれることはありません。何度か身につけているうちに出てくる使用感も、プリントのものとは違い、味わいが感じられるものです。


すぐに傷んでしまうようでは、コスパ的にも良くありません。せっかく予算を掛けて制作するのであれば、耐久性のことも考えたいものですよね。


ポロシャツに刺繍できる範囲は?

ポロシャツに刺繍を施す場合、入れられる場所は「胸元」「袖」「背面」です。特に多いのは、胸元や袖部分。会社名やロゴをワンポイントサイズで入れるケースが多いでしょう。


背面に入れる場合は、衿のすぐ下あたりにワンポイント刺繍を施せば、後ろから見てもイベントスタッフだとわかりやすくなります。会場を歩き回るようなイベント時には背面の刺繍も検討する価値があるでしょう。


オリジナル刺繍は、刺繍を縫い込む回数により見積価格が決められているサービスが中心です。そのため、図案のサイズやデザインに使われている色数・デザインの複雑さなどによって価格が異なります。


刺繍のサイズは大きくなればなるほど価格が上がりますが、全面に大きく施すことも可能です。デザイン面・予算面を合わせて考えましょう。


刺繍に向いているロゴのデザインは?

刺繍には、グラデーションカラーを反映させにくい特性があります。そのため、デザインを考えるときは、パキッとわかりやすい色使いのものを意識することをおすすめします。


また、活字を刺繍したいとお考えの際は、一文字のサイズが3mm以上になるようにデザインしましょう。あまりにも小さな文字は、糸を使って縫い上げるという刺繍の特徴上、潰れてわかりづらくなってしまいます。ロゴの中に活字があるデザインを依頼する際などは、1番小さな文字が3mm以上になるように考えて注文しましょう。


データ入稿ができればスムーズですが、難しい場合やデザインデータがない場合は、手書きのラフから刺繍データを作成してもらうこともできます。サービスによってはオプション価格となるため、事前に確認しておきましょう。


企業名では味気ない、けれどもデザイン映えする企業ロゴがあるわけでもない……こうしたケースでは、デザイン料を別途支払ってデザインからメーカーに任せるという手もあります。


企業ロゴではなく、イベントオリジナルのロゴをデザインして刺繍したポロシャツも素敵なのではないでしょうか。


まとめ

服装は気持ちを盛り上げるためにも重要な役割を果たすものです。企業イベントは、社外に企業をアピールできる絶好の機会。社員の気持ちを高めるためにも、揃いの衣装は役立つアイテムになるでしょう。


イベントを成功させ、来場者にいい印象を与えるためにも、ぜひオリジナル刺繍を施したポロシャツを用意してみることをおすすめします。


大口注文や早期注文への割引サービスを設けているところもあります。少しでも予算を抑えたいと考えているのであれば、お早めに検討し、発注しましょう。
お揃いの刺繍入りポロシャツを身につけての企業イベント、大成功に終わらせたいですね!


【参考URL】

https://www.matsubun.com/faq/index.html

http://www.orgpalm.com/custom/print.html


【関連記事】

会社や業務用ユニフォームを作りたい!オリジナルポロシャツ作成のポイント

ドライポロシャツはスポーツに最適?ドライポロシャツとは

ポロシャツにインナーは着た方がいい?おすすめのインナーは?

・​​​​​​​ポロシャツがユニフォームにおすすめな理由【部活や企業におすすめ!】


業界最安&最大級の品揃え!無地アイテム卸販売&オリジナル作成!

★無地Tシャツ、パーカー、ポロシャツ、ロンT、スタッフジャンパー…等を業務用卸価格にて販売。企業様から個人の方でも1枚から格安で通販可能です。
★ほとんどの無地アイテムにオリジナルのプリントや刺繍加工が格安で入れられます。
★記念品、OEM、ノベルティ、企業販促商品等、オリジナル製品の生産承ります。

Tシャツ、ポロシャツ、パーカー、スウェット激安卸通販&オリジナル作成のオレンジパーム

人気記事ランキング

会社情報

卒業記念品卒部記念スタッフウエアプライバシーポリシーノベルティオリジナルTシャツユニフォームクールビズポロシャツビズポロシャツインナーTシャツLINE@クーポンキャンペーン通販割引友達登録ポロシャツ ドライポロシャツドライポロシャツバナナリパブリックバナリパ無地Tシャツ運動運動会 スポーツ ポロシャツ グリマー 重ね着長袖tシャツ リメイク ロングスリーブTシャツ長袖Tシャツスタッフジャンパー 作成 イベントトレーナーとは トレーナー スウェットスタジャンとはウインドブレーカー 洗濯 コーチジャケットベンチコート ジャケット オーバーサイズ卒園記念品 手作り 小学校記念品 退職 著作権メンズTシャツ 着丈卒部記念品ハロウィン地味ハロウィン カット ハンガー 干し方 シワ 洗い方 寿命 ネタ よれない フリンジクールビズとはtシャツ 黄ばみ サイズ感 身幅 脇汗 小さめ 小さいTTうんどう運動会運動会パーカーお揃いオリジナルパーカーオリジナルジャンパージャンパーオリジナルブルゾンブルゾンおりじオリジナルブルゾンおりじなるオリジナルブルゾン販促品はろハロウィン無地パーカーオリジナルTシャツオリジナルスタッフTシャツスタッフウェアハロウィンハロウィンスウェットパーカージップパーカープルオーバーパーカー