コスパ最高のオリジナル作成 & 衣料品や雑貨の通販お役立ち情報

ハイクオリティで、ロープライス!個人の方から企業、団体の方まで必見!

 オリジナル作成やカスタムオーダーのノウハウや、

卸通販のお得な情報やお役立ちコンテンツを配信中!

Original

ポロシャツにインナーは着た方がいい?おすすめのインナーは?

ポロシャツは一枚で着られるトップスとして活躍したり、ジャケットスタイルのインナーにしたりしても優秀です。Tシャツのように気軽に着られるのがポロシャツの魅力ではありますが、中にインナーを着るべきか、また、どのようなインナーを合わせるべきかお悩みの方もいらっしゃるはず。今回は、ポロシャツのインナーを選ぶ際に留意しておきたいことについてお伝えします。


【目次】


ポロシャツにはインナーを着た方がいい理由

ポロシャツの中にインナーを着るべきかどうかは、個人の自由の範囲ともいえます。しかし、インナーを着ることで、以下のようなメリットがあります。


インナーが汗を吸ってくれて快適

真夏の炎天下や蒸し暑い満員電車の中など、大量の汗をかくシーンでは、汗をよく吸ってくれるインナーは心強い存在です。特に汗が染みやすい脇の下や背中などは、ポロシャツ1枚だと汗染みが気になることも。ポロシャツの中に1枚インナーを着るだけで、気になる汗染みを予防してくれます。また、消臭効果や速乾機能がついた機能性インナーも数多く発売されていますので、そうしたインナーを選ぶことで、より快適かつ清潔感抜群に過ごせます。


薄い色のポロシャツも透けずに着こなせる

オフホワイトや淡いベージュなど色の薄いポロシャツは、見た目には爽やかな印象ですが、体のラインや乳首が透けて見えることも。他人から見て、目のやり場に困るような事態を防ぐ意味でも、インナーを着ることにはメリットがあるといえます。薄い色のポロシャツ以外でも、生地そのものが薄手のポロシャツは、やはり乳首や体のラインが透けやすい傾向にありますので、こうしたポロシャツを選ぶ際もインナーを合わせることをおすすめします。


インナーとポロシャツのカラーコーデでおしゃれ度アップ

ポロシャツの襟元からインナーが見えるとダサい、というイメージもありますが、インナーとポロシャツの色合わせを工夫することで、ファッション性を高めることもできます。ベーシックなカラーに差し色インナーを合わせたり、小物とインナーの色を合わせたりしてコーディネートするなど、ファッションの一部としてインナーを楽しむ、という着こなし方もおすすめです。


ポロシャツ向きのインナーのデザインは?

ポロシャツのインナーを選ぶときには、襟元のネックラインのデザインに注目して選びましょう。ポロシャツのインナーに向いているデザインは、おもに次のようなネックラインのものです。]


クルーネック

「丸首」とも呼ばれ、Yシャツのインナーとしても定番の、オーソドックスなインナーです。Tシャツのように首元がやや詰まっていますので、ポロシャツの前ボタンを開けると胸元から見えてしまいます。そのため、胸元からあえてインナーを見せるスタイルの時や、ポロシャツの第一ボタンまで閉めて着用する場合はクルーネックを選ぶといいでしょう。


Vネック

首元から胸までVの字のように深く切れ込んでいるデザインがVネックです。ポロシャツのインナーとして選ぶなら、このネックデザインのものが一番無難だといえます。ポロシャツの前ボタンを大きく開けるスタイルでも外から見えにくく、襟元からインナーをチラ見せしたくない場面でも使えます。


Uネック

クルーネックより首元が深く開いているものがUネックです。クルーネックとVネックの中間のようなデザインで、クルーネックよりは襟元からチラ見えしにくくなっています。Vネックでは首元の汗が気になる、といった場合はUネックのインナーがおすすめです。


インナーにおすすめの色は?

ポロシャツのインナーとして合わせやすい、おすすめの色についてご紹介します。


定番カラーのインナー

やはりなんといってもおすすめなのは、定番カラーの黒やネイビー、グレーのインナーです。インナーはあくまでもコーディネートの脇役ですので、主張の控えめな色を選ぶことが大切。また、定番カラーの場合は合わせるポロシャツを選ばないことも魅力的です。


白ポロシャツにおすすめの色

白ポロシャツのインナーとしておすすめしたい色は、肌より少し濃いめのベージュやグレーです。インナーとして定番の白は意外と肌とインナーの境目が目立ちやすく、ポロシャツの上からもインナーの線がはっきりわかってしまいます。肌より少し濃いめのベージュは、肌とインナーの境目が目立ちにくく、服の上からもインナーを着ていると気づかれにくいものです。ベージュのインナーでは野暮ったいと感じる方には、薄いグレーのインナーのほうが主張が少なくおすすめです。


更に詳しく知りたい方はこちら→【tシャツは襟に注目!違いを知って目的に合った選び方を】


インナーを着てもダサくならない着こなし方

ポロシャツの下にインナーを着ても、野暮ったく見えない着こなし方について、以下のことを参考にしてみてください。


無地のインナーを選ぶ

インナーはあくまでも脇役だということを意識して、ベーシックな無地のインナーを選びましょう。柄の入ったインナーを選ぶ際も、できれば細かなドットや細いボーダーなど、控えめなデザインがおすすめです。あまりにも主張の激しい色柄のインナーを選ぶと、ポロシャツとのコーディネートが難しくなります。


袖からのチラ見え防止はノースリーブを

半袖のポロシャツにインナーを合わせる場合、袖からインナーがはみ出さないよう気を配る必要があります。胸元からインナーが覗くぶんにはあまり問題ありませんが、袖からインナーがチラ見えすると途端にダサくなります。半袖のポロシャツに合わせるインナーは、袖のないノースリーブがおすすめです。


生地が傷んだら潔く新調する

外から見えにくいインナーといえども、古くなって生地が傷んできたら潔く新調することをおすすめします。襟元からインナーが見えるようなコーディネートでは、間近で見ると生地の傷みは意外と気になるものです。また、インナーの生地が古くなると、汗や皮脂のニオイや汚れも蓄積されていきます。ダサくないファッションとは、まず清潔感があることが何よりも大切。清潔感を保つためにも、シーズンごとにインナーを買い替えるなど、まめにお手入れすることを心がけましょう。


まとめ

夏の一枚として欠かせないポロシャツ。しかし、材質や色によっては透けて見えてしまうこともあります。本人は気づかなくとも、意外に周りの人は気づくもの。気をつけたいですね。インナーを着用することで、透けて見えるのを防ぐことができます。


【参考URL】

https://tmix.jp/articles/3091

https://pshirts.jp/special/magazine/polo-inner/


【関連記事】

ドライポロシャツの特徴とは?オリジナルポロシャツの活用方法もご紹介

大人のメンズに着て欲しい!ポロシャツの選び方のポイント

・​​​​​​​クールビズ向きのポロシャツを選ぶポイント!【快適に夏を過ごすコツ】


業界最安&最大級の品揃え!無地アイテム卸販売&オリジナル作成!

★無地Tシャツ、パーカー、ポロシャツ、ロンT、スタッフジャンパー…等を業務用卸価格にて販売。企業様から個人の方でも1枚から格安で通販可能です。
★ほとんどの無地アイテムにオリジナルのプリントや刺繍加工が格安で入れられます。
★記念品、OEM、ノベルティ、企業販促商品等、オリジナル製品の生産承ります。

Tシャツ、ポロシャツ、パーカー、スウェット激安卸通販&オリジナル作成のオレンジパーム

人気記事ランキング

会社情報

卒業記念品卒部記念スタッフウエアプライバシーポリシーノベルティオリジナルTシャツユニフォームクールビズポロシャツビズポロシャツインナーTシャツLINE@クーポンキャンペーン通販割引友達登録ポロシャツ ドライポロシャツドライポロシャツバナナリパブリックバナリパ無地Tシャツ運動運動会 スポーツ ポロシャツ グリマー 重ね着長袖tシャツ リメイク ロングスリーブTシャツ長袖Tシャツスタッフジャンパー 作成 イベントトレーナーとは トレーナー スウェットスタジャンとはウインドブレーカー 洗濯 コーチジャケットベンチコート ジャケット オーバーサイズ卒園記念品 手作り 小学校記念品 退職 著作権メンズTシャツ 着丈卒部記念品ハロウィン地味ハロウィン カット ハンガー 干し方 シワ 洗い方 寿命 ネタ よれない フリンジクールビズとはtシャツ 黄ばみ サイズ感 身幅 脇汗 小さめ 小さいTTうんどう運動会運動会パーカーお揃いオリジナルパーカーオリジナルジャンパージャンパーオリジナルブルゾンブルゾンおりじオリジナルブルゾンおりじなるオリジナルブルゾン販促品はろハロウィン無地パーカーオリジナルTシャツオリジナルスタッフTシャツスタッフウェアハロウィンハロウィンスウェットパーカージップパーカープルオーバーパーカーマウンテンパーカー