コスパ最高のオリジナル作成 & 衣料品や雑貨の通販お役立ち情報

ハイクオリティで、ロープライス!個人の方から企業、団体の方まで必見!

 オリジナル作成やカスタムオーダーのノウハウや、

卸通販のお得な情報やお役立ちコンテンツを配信中!

Original

イラストTシャツ作成時の「データ入稿の極意」!

学校の体育祭や文化祭、企業のキャンペーンで使えるのがイラスト入りのオリジナルTシャツです。

全員が同じTシャツを着ることで、チームワークやモチベーションのアップにつながります。

今よりもメンバーの結束力を高めたいとお考えの方は、オリジナルTシャツを作ってみてはいかがでしょうか?

こちらでは、Tシャツのデザインを入稿する際のポイントをご紹介します。


細かすぎる文字・ロゴはNG!

オリジナルTシャツに細かすぎる文字やロゴは適していません。

その理由は、プリントしたときにつぶれてしまう可能性があるためです。

チラシやパンフレットといった紙のデザインには、一般的に8~9ポイント(2.75mm~3.25mm)の小さい文字が使われますが、Tシャツの場合約14ポイント(5mm)が最小サイズとなります。

これよりも細かくなるとうまく印刷されない可能性が高いため、文字やロゴは14ポイント以上で作るようにしてください。


なお、細かい文字を描かなくても、フォントに工夫することでオリジナリティのあるTシャツが作れます。

着る場面に合わせて字体を選んでみましょう。

たとえば、集客イベントで着用する場合は、遠くからでもよく目立つ太めのゴシック体がおすすめです。

はっきりした文字で読みやすいため、企業の存在を強くアピールできます。

オフィスのスタッフウェアとして着る場合には、きちんとした雰囲気が出せる明朝体やセリフ体が向いています。

文字の端にさりげなく装飾がされていて、高級感があるのも特徴です。


ちなみに、イラストの線も、文字と同じくあまり細かすぎるものは避けておきましょう。

プリントに失敗しやすいのは2ポイント(0.7mm)以下の線です。

あまりに線が細いイラストを描くと、入稿後に修正を求められる可能性があるため、なるべく太めの線で描くことをおすすめします。


「衣類の色と重なったときにどうなるか」までを想像してデータ作成!

デザインは、衣服にプリントされたときにどう見えるかを考えて作りましょう。

せっかく良いデザインができても、衣服の色と合わなければ本来の魅力を発揮できなくなってしまいます。

生地との配色バランスを考えてデータを作成しましょう。


シンプルで清潔感のあるTシャツを作りたい場合には、薄い色の生地に、生地と同系色の少し濃い色を乗せるのがおすすめです。

統一感があり、すっきりとした印象になります。

白地に水色やグレーといった薄めの色でプリントをするのも、爽やかな雰囲気が出せます。


力強いイメージのTシャツを作りたいなら、生地は黒や紺といった濃い色を選び、赤や黄色、蛍光色のような明るい色でプリントしましょう。

明るい色は、何色も使うとうるさい印象になってしまうため、多くても2色までにしてください。

生地の色とプリントの色の対比が大きいほど、インパクトを出せます。


ナチュラルなTシャツにしたいなら、白やベージュの生地に、深緑や水色といったアースカラーを重ねてみましょう。

花屋や雑貨店のユニフォームにぴったりの、自然なTシャツができあがります。

よりナチュラルな雰囲気を出すために、シワ加工のTシャツを選ぶのもおすすめです。


生地とプリントに使う色のバランスを考えることで、よりクオリティの高いTシャツが作れます。

デザインのみを考えるのではなく、生地との相性も考えてみましょう。


不備があったときのために早めに入稿!

業者にデザインを提出した後に不備が見つかる場合もあります。

もしものときのために、入稿は早めに行いましょう。


特に、手描きのデザインをデータ化する場合には、業者に修正してもらった後、改めてイメージと合っているか確認することになるため、初めからデータで入稿するよりも時間がかかります。

納品されるまでの期間は多めに見積もっておきましょう。

修正を減らすためには、無地のA4の用紙に濃くはっきりとイラストを書き、どんなイメージで仕上げたいか要望を添えておくことがポイントです。

罫線入りの紙に描いてしまったり、薄いペンで書いてしまったりすると、修正の原因になるためお気つけください。


また、デジタルで入稿をする場合にも、解像度やサイズなどの間違いが見つかるケースがあります。

オリジナルTシャツのデザイン作成には、主にフォトショップやイラストレーターなどのソフトが使われますが、「文字の中抜け部分を0.5mm以上に設定する」「フォントを使用する場合はアウトライン化する」「版ごとにレイヤー分けをする」といった細かいルールがあります。

万が一ミスがあった場合に困らないためにも、入稿は余裕を持って行いましょう。


まとめ

イラストTシャツの制作を依頼するときは、データ入稿の仕方にもお気をつけください。

文字やロゴが細かすぎたり、生地との配色が合っていなかったりすると、うまく仕上がらない可能性が高くなります。

また、不備があったときにも余裕を持って修正できるように、早めに入稿しておくことも必要です。

オレンジパームでは、データ入稿によるイラストTシャツ作成も承っております。

正しくデータ入稿を行って、人目を引くようなオリジナリティあふれるTシャツを作りましょう。


有限会社ビービーパーム

有限会社ビービーパーム

弊社はTシャツ、トレーナー、パーカー、ブルゾンを中心に衣料品、雑貨等をお安く、ご満足頂ける商品を豊富に取り揃えております。(生後6ヶ月の赤ちゃん用から女性用、メンズのビッグサイズまで、あらゆるサイズに対応可能です。) 1枚から1万単位の大口のご注文まで、業務用卸し価格にて個人の方から企業様どなたでもご利用頂けます。

業界最安&最大級の品揃え!無地アイテム卸販売&オリジナル作成!

★無地Tシャツ、パーカー、ポロシャツ、ロンT、スタッフジャンパー…等を業務用卸価格にて販売。企業様から個人の方でも1枚から格安で通販可能です。
★ほとんどの無地アイテムにオリジナルのプリントや刺繍加工が格安で入れられます。
★記念品、OEM、ノベルティ、企業販促商品等、オリジナル製品の生産承ります。

Tシャツ、ポロシャツ、パーカー、スウェット激安卸通販&オリジナル作成のオレンジパーム

人気記事ランキング

会社情報

この内容で送信します。よろしいですか?