コスパ最高のオリジナル作成 & 衣料品や雑貨の通販お役立ち情報

ハイクオリティで、ロープライス!個人の方から企業、団体の方まで必見!

 オリジナル作成やカスタムオーダーのノウハウや、

卸通販のお得な情報やお役立ちコンテンツを配信中!

Original

長袖Tシャツを切りっぱなしリメイク!オンリーワンを楽しもう

長袖Tシャツはそのまま着ても楽しめますが、切りっぱなしにしてリメイクしてもオシャレなアイテムになります。

洗ってもほどける心配が少ないので、自由に切ってリメイクしてみませんか。

縫う必要がないので、誰でも簡単にできるのがポイントです。

イベントやフェス用にアレンジするのもいいでしょう。

長袖Tシャツがあればできる、切りっぱなしの簡単リメイクのやり方について解説します。

オンリーワンの長袖Tシャツを楽しみましょう。


【目次】

オフショルダーでセクシーに

肩に切り込みを入れてラフスタイル

裾の長さが変わるだけでオシャレに

身ごろに切り込みを入れてインナーを見せる


オフショルダーでセクシーに

長袖Tシャツのリメイクには、ハサミと定規、そしてチャコペンを用意しましょう。

ハサミは布が切りやすい裁縫用のものがおすすめです。

チャコペンは切る位置に印をつけるもので、手芸店または100円ショップでも購入できます。


まずは襟を切ってオフショルダーにリメイクする方法を試してみましょう。

襟は希望の位置でいきなり切ってもいいですが、リブと呼ばれるフチの部分を先に切っておくと、その後もやりやすくなります。

リブを切って落としたら、襟ぐりから5cm程度の位置にチャコペンで半円形の印をつけます。この印に沿って切っていくので、曲がらないように丁寧に書きましょう。

ポイントは5cmより大きくならないことです。

あまり大きく切ってしまうと着たときに完全に落ちてしまいます。

5cmを目安にあらかじめ自分に合ったサイズを測っておくといいでしょう。


チャコペンで印をつけたところをハサミで切っていきます。はじめに「前身ごろ」を切り、

次に「後ろ身ごろ」を切るときれいに切れます。

切り口はクルクルと丸まることはあってもほつれにくいので、切りっぱなしでも問題なく着用できます。

両肩を出したり片方だけ出したり、セクシーな雰囲気になるオフショルダーのロングスリーブTシャツを楽しみましょう。


肩に切り込みを入れてラフスタイル

そして次もオフショルダータイプです。

ただし、はじめに紹介したものとはデザインが違います。

今度は肩の部分に縦に切り込みを入れて肩だけを出すタイプです。

袖口の縫い目に沿って切っていきましょう。平置きした状態で、上から7cmぐらいまでを目安にチャコペンで印をつけます。

生地のタイプやサイズによって肩が出やすいかどうかは分かれるので、まず5cm程度切って試着するのもいいかもしれません。

肩を完全に出したいときは、思い切って深く切るのがコツです。

袖が取れない程度の十分な長さを残して加減しながら切っていきましょう。

長袖Tシャツは袖が長い分だけ、肩だけ出すデザインにすると軽い印象になります。

オフショルダーにするだけで雰囲気がガラッと変わるので、数回着用して飽きてしまった場合にもおすすめです。

切りすぎてしまったときには安全ピンで無造作に止めると一気にパンクテイストになります。

スリムパンツに合わせたりミニスカートを合わせたりするとオシャレに決まります。


更に詳しく知りたい方はこちら→【襟を袖を裾をカット!自分らしさを演出するTシャツアレンジ術】


裾の長さが変わるだけでオシャレに

さて、次は裾を切ってみましょう。

これはロングスリーブTシャツでも普通の半袖のtシャツでもできるので、応用してみてください。

まず平置きしたら、前身ごろにチャコペンで印をつけます。

長さは自由に決めるのがポイントです。

あらかじめ自分の体を測って長袖tシャツと合わせ、切る位置を決めておきます。

これは「前身ごろ」だけ切って「後ろ身ごろ」はそのままというデザインです。


「後ろ身ごろ」との差が10cm程度でも十分ですが、ウエストを見せたい場合はもっと切ります。

インナーとの組み合わせ次第ではいろいろ楽しめるので、

何と組み合わせるか、どんなシチュエーションで着るかで長さを決めましょう。

無地やプリントでもかわいいですし、ボーダー柄でもかわいいデザインに変身します。

裾の長さが変わるだけで、ボトムにジーンズを合わせるスタイルでも十分オシャレな印象に変わります。

何となく地味と感じる長袖tシャツの場合でも、裾の切りっぱなしリメイクでかなり違う表情になります。ぜひ試してみましょう。

ぴったりしたものより、大きめの余裕のあるサイズがおすすめです。


身ごろに切り込みを入れてインナーを見せる

そして最後は、身ごろに切り込みを入れるリメイクです。

これは無地の長袖Tシャツのほうがいいかもしれません。

チャコペンで印をつけてもいいですが、何も描かずに自由に切っても大丈夫です。7cm〜10cm程度の切り込みを適当な位置に数本入れます。できるだけ向きを変えるのがポイントです。

これはまっすぐな線ではなく丸い切り込みにするというやり方もあります。


このリメイクの目的は、ほかのTシャツとの重ね着で中の色を切り込みから見せるというものです。

そのため、丸でも直線でも自由に入れて問題ありません。

襟もリブの部分だけ切ったほうが「こなれ感」を出せます。

インナーとして着用する長袖Tシャツも、襟を切りっぱなしにして合わせましょう。

インナーにオリジナルプリントがあると、切り込みから見えてさらに面白いものになります。

切りっぱなしリメイクは切ってすぐに着用するのもいいですが、一度洗ってこなれた感じを出したほうがオシャレです。

切り口も馴染んだ感じになるので、一度洗ってから風合いを出して楽しみましょう。


【関連記事】

オリジナルTシャツにワッペンをつけよう!

フリンジがポイント!一工夫でTシャツをカスタマイズ

・​​​​​​​カラーTシャツで思い通りのファッションを実現!


有限会社ビービーパーム

有限会社ビービーパーム

弊社はTシャツ、トレーナー、パーカー、ブルゾンを中心に衣料品、雑貨等をお安く、ご満足頂ける商品を豊富に取り揃えております。(生後6ヶ月の赤ちゃん用から女性用、メンズのビッグサイズまで、あらゆるサイズに対応可能です。) 1枚から1万単位の大口のご注文まで、業務用卸し価格にて個人の方から企業様どなたでもご利用頂けます。

業界最安&最大級の品揃え!無地アイテム卸販売&オリジナル作成!

★無地Tシャツ、パーカー、ポロシャツ、ロンT、スタッフジャンパー…等を業務用卸価格にて販売。企業様から個人の方でも1枚から格安で通販可能です。
★ほとんどの無地アイテムにオリジナルのプリントや刺繍加工が格安で入れられます。
★記念品、OEM、ノベルティ、企業販促商品等、オリジナル製品の生産承ります。

Tシャツ、ポロシャツ、パーカー、スウェット激安卸通販&オリジナル作成のオレンジパーム

人気記事ランキング

会社情報