コスパ最高のオリジナル作成 & 衣料品や雑貨の通販お役立ち情報

ハイクオリティで、ロープライス!個人の方から企業、団体の方まで必見!

 オリジナル作成やカスタムオーダーのノウハウや、

卸通販のお得な情報やお役立ちコンテンツを配信中!

Original

いつまでもかっこよく着たい!型崩れしないTシャツの干し方

オールシーズンを通して定番のアイテムといえばTシャツです。春や秋のような少し肌寒い季節でもカーディガンやジャケットの下に無地のTシャツを合わせて着るコーディネートを街でよく見かけます。もちろん夏はTシャツが主役の季節。お気に入りのTシャツをワンシーズンに繰り返し着るという人も少なくないでしょう。そんなとき問題になるのが、洗濯です。セーターやカーディガンに比べると洗濯が簡単にできるイメージのあるTシャツですが、干し方によっては型崩れしてしまいかっこよく着られなくなってしまいます。今回は自宅できる型崩れしないTシャツの干し方をご紹介します。

 

【目次】

ハンガーでTシャツを干すのは要注意
基本の平干し
物干し竿やハンガーに、折って干す方法
干し方の工夫で、Tシャツを長持ちさせる

ハンガーでTシャツを干すのは要注意

Tシャツをハンガーにかける干し方は「つり干し」と呼ばれます。しかし、この方法はときに型崩れの原因となってしまいます。というのもTシャツをハンガーにかけて干すときに首元から無理やりハンガーを通してしまい、シャツの襟が伸びたりヨレてしまったりする可能性があるからです。そのためハンガーを使ってTシャツを干すときには、首元からではなく下からハンガーを通す必要があります。

また首元に注意してハンガーに干すだけでなく、ハンガーの幅にも注意する必要があります。Tシャツの肩幅とハンガーの幅が合わないと、ハンガーの跡がTシャツに残ってしまうことがあるからです。もちろん、ハンガーにかけるつり干しにも利点があります。一枚一枚縦に干すことで場所をとらず 、洗濯スペースを圧迫しません。このような利点からハンガーを使ってTシャツを干したいときには、Tシャツ用のハンガーを使うのがおすすめです。

Tシャツ用のハンガーには襟が伸びないよう簡単に首元から通せるものや、肩の部分が滑らないようゴムが付いているものまで色々な種類のものが販売されています。Tシャツの形状や素材に合わせてハンガーを使い分けることで型崩れを防止することができます。

またこれらの商品の中にはTシャツを売っているお店で使われているものもあり、安心してTシャツを干すことができます。

基本の平干し

Tシャツの型崩れを気にする場合、おすすめの干し方は「平干し」です。字の通り、服を「平たく」干す方法です。最も手軽なのは、平干し用のネットに干すことです。平干し用ネットはハンガーよりも場所をとりますが、ネットが2段や3段になっているタイプのものがあり一度に複数のTシャツを干すことができます。ネットは通気性が良いため速乾性にも優れています。また平干し用ネットには浴室に干すタイプのものもあり、物干し場のスペースが確保できない場合にお風呂場を有効活用することができます。

平干し用ネットはTシャツ以外にもニット素材のカーディガンやセーターのようなハンガーにかけて干すことができない服を干すときにも重宝します。平干し用ネットがない場合は、普段使っているハンガーとタオルを組み合わせて平干しすることもできます。まず物干し竿に間隔をあけてハンガーを2つかけます。つぎにハンガーの間にタオルを水平に通し、洗濯ばさみでタオルをハンガーに固定します。

最後にTシャツをタオルのうえに広げて干すだけです。また室内にスチールラックやメタルラックがある場合には、ネット替わりにすることもできます。

物干し竿やハンガーに、折って干す方法

平干し以外に自宅で簡単にできる方法として、ふたつに折って物干し竿にかけるという干し方があります。型崩れを防ぐという点では平干しの方がおすすめですが、より手軽に型崩れを防ぐ方法としてはこちらもおすすめです。やり方はとても簡単で、Tシャツの半分に近いところから追って物干し竿にかけるだけです。物干し竿のスペースがあまりないときや一度に何枚も干すときは、同じ方法でハンガーに干すこともできます。ポイントは半分に折ってかけるのではなく、片方が少し長くなるようにかけることです。

そうすることでTシャツの乾きが早くなります。また干す前に軽くパンパンと手で叩いてTシャツのシワを伸ばしておくことも重要です。

干す前にこのようなひと手間を加えることで、シワを伸ばすと同時にTシャツの型崩れを防ぎ、洗濯ものをより綺麗に仕上げることができます。

干し方の工夫で、Tシャツを長持ちさせる

Tシャツは一番身近なファッションアイテムであるため洗濯も手軽に済ませてしまいがちです。とくに柔らかいTシャツはシャツに比べて着心地も抜群ですが、その分素材が柔らかく干し方によっては襟が伸びてしまったり袖や肩の形が崩れてしまったりする可能性があります。とくに夏はTシャツの使用回数も増えるため必然的に洗濯の回数も増えてしまいます。服を綺麗に使うためには洗濯が必要ですが、洗濯の仕方によっては服にダメージを与えてしまう場合があります。

お気に入りのTシャツが型崩れしてしまうのは残念なことですよね。限定品のTシャツであれば二度と買えない可能性もあるし、クラスやサークル等で作ったオリジナルTシャツは一点ものなので大事にしたいと思う人も多いはずです。そんなとき干し方を工夫することで「お気に入り」のTシャツを長持ちさせ、いつまでもかっこよく着ることができます。

お気に入りのTシャツを洗濯するときは、ぜひお試しください。

 

【関連記事】

ベンチコートはどうやって洗う?長持ちさせる洗濯のコツ

そういえば知らなかった!ウインドブレーカーの正しい洗濯方法

有限会社ビービーパーム

有限会社ビービーパーム

弊社はTシャツ、トレーナー、パーカー、ブルゾンを中心に衣料品、雑貨等をお安く、ご満足頂ける商品を豊富に取り揃えております。(生後6ヶ月の赤ちゃん用から女性用、メンズのビッグサイズまで、あらゆるサイズに対応可能です。) 1枚から1万単位の大口のご注文まで、業務用卸し価格にて個人の方から企業様どなたでもご利用頂けます。

業界最安&最大級の品揃え!無地アイテム卸販売&オリジナル作成!

★無地Tシャツ、パーカー、ポロシャツ、ロンT、スタッフジャンパー…等を業務用卸価格にて販売。企業様から個人の方でも1枚から格安で通販可能です。
★ほとんどの無地アイテムにオリジナルのプリントや刺繍加工が格安で入れられます。
★記念品、OEM、ノベルティ、企業販促商品等、オリジナル製品の生産承ります。

Tシャツ、ポロシャツ、パーカー、スウェット激安卸通販&オリジナル作成のオレンジパーム

人気記事ランキング

会社情報

この内容で送信します。よろしいですか?