コスパ最高のオリジナル作成 & 衣料品や雑貨の通販お役立ち情報

ハイクオリティで、ロープライス!個人の方から企業、団体の方まで必見!

 オリジナル作成やカスタムオーダーのノウハウや、

卸通販のお得な情報やお役立ちコンテンツを配信中!

Original

ピチピチもダボダボもダサすぎる!tシャツの最適なサイズ感って?

tシャツをおしゃれに着こなすためにはサイズ感も重要です。

同じtシャツを着ているにもかかわらずおしゃれな人とダサい人がいるのは、サイズ選びがキーポイントといえるでしょう。

そこで今回は自分に最適なtシャツを選ぶためのポイントを紹介します。

「tシャツをかっこよく着こなしたいのになぜかしっくりこない」そんな人は、ぜひ参考にしてみてください。

自分にぴったりのtシャツと出会えれば、おしゃれがもっと楽しくなるはずです。


【目次】

tシャツのサイズに流行はあるの?

おしゃれなtシャツのサイズとは?

ジャストサイズの選び方1「肩幅」

ジャストサイズの選び方2「身幅」

ジャストサイズの選び方3「着丈」


tシャツのサイズに流行はあるの?

ベーシックなイメージが強いtシャツですが、実は時代によって流行のサイズやデザインは変化しています。

ダボッとしたデザインが一般的だった時代もあれば、逆に体型がはっきりとわかるほどピチピチの、いわゆる「チビt」が大流行した時代もありました。

身頃や袖のラインなどのディテールもその時々で微妙に変化しています。

特に流行の移り変わりが激しいレディースファッションではデザインの変化が顕著といえるでしょう。

あえて「ダサかわいい」雰囲気を演出したい個性派さんは別として、一般的なおしゃれを取り入れたい人は「その時代に合ったtシャツ」を選ぶことも重要かもしれません。

たかがtシャツ、されどtシャツです。

そこがtシャツの難しさであり面白さでもあります。


おしゃれなtシャツのサイズとは?

他のファッションアイテムと同じくさまざまな流行を経ているtシャツですが、ピチピチもダボダボもブームが去るとダサい印象になりがちです。

またピチピチは体型を気にする人にとっては着こなしが難しく、ダボダボはだらしない雰囲気になりやすいなどのデメリットもあるでしょう。

そんな中、比較的流行に関係なくおしゃれに着られるのがジャストサイズのtシャツです。

自分の体型にぴったりと合ったtシャツはスタイリッシュで洗練されたスタイリングを実現します。

一人ひとりの体型によってジャストサイズは変化するため、より幅広いサイズ展開の中から選ぶことがかっこよく着こなすためのポイントです。

お気に入りのtシャツはできるだけ長く着たいという人も多いでしょう。ジャストサイズのtシャツを選べば流行に関係なく着続けることができます。


ジャストサイズの選び方1「肩幅」

ジャストサイズのtシャツを選ぶためには主に3つのポイントがあります。

実際に試着できない場合でも、この3つのポイントに気を配ることで体型に合ったtシャツを見つけやすくなるでしょう。

ブランドやデザインによって多少の違いはありますが、基本的なサイズの選び方として参考にしてみてください。

まず、1つ目のポイントは「肩幅」です。

自分の肩幅よりもtシャツの肩幅が小さ過ぎると窮屈な印象を与えてしまい、着ている自分自身も実用面で不便を感じることがあるかもしれません。

また、逆に大き過ぎる場合はtシャツの肩線がだらりと落ちてしまい「きちんと感」に欠けます。

自分の肩幅とtシャツの肩幅を照らし合わせてちょうどいいサイズを選ぶことが大切です。

なお、自分の肩幅を知りたいときは肩先から肩先までを測ることが基本です。

頸椎点(顔を下に向けたとき首と背中の付け根に飛び出す骨)を通るように測るとよいでしょう。


ジャストサイズの選び方2「身幅」

2つ目のポイントは「身幅」です。tシャツの左右の脇線をつないだ長さが身幅に当たります。

自分に合う身幅のtシャツを選ぶためには、自分の胸囲(バスト)やウエストのヌードサイズ(実際の身体のサイズ)を参考に考えましょう。

まず、胸囲は胸の一番高い部分を水平に一周したサイズです。

このとき、腕を上げたり息を大きく吸っていたりするとサイズが大きくなってしまうことがあるため、腕を下ろしリラックスして測るのがベストです。

一方、ウエストはくびれた部分を水平に一周して測ることが基本ですが、お腹が出ている場合は一番大きな部分を測ります。食後などお腹がいっぱいのときは避けましょう。

きつ過ぎず、でもゆる過ぎない「付かず離れず」のサイズがきれいに着こなせます。

また女性の場合は身体にややフィットする身幅のサイズを選ぶとバストが強調され、女性らしいラインを演出することも可能です。


ジャストサイズの選び方3「着丈」

3つ目のポイント「着丈」は襟ぐりの後ろ中心と裾を直線で結んだ長さです。

正面から見たときに腰の一番張っている部分に着丈を合わせると、比較的バランスよく着こなすことができます。

特に腰の張りが気になる体型の場合は、この着丈とストレートラインの身頃の組み合わせで体型カバーも期待できるでしょう。また、着丈はボトムスとのバランスも重要です。

ボトムスがワイドパンツなど太めの場合には長過ぎるとバランスが悪くなりますし、

逆にスキニーパンツなど細めの場合には短過ぎるとバランスが悪くなります。

「どのボトムスに合わせたいのか」を考慮することもジャストサイズのtシャツ選びのポイントです。

さらに、同じMサイズでもブランドやメーカーによってサイズは異なるため、購入前にきちんと確認することも大切です。

サイズ感にこだわってtシャツを選び、おしゃれなコーディネートを楽しんでください。


【関連記事】

tシャツは小さめよりジャストサイズ!似合うサイズの選び方​​​​​​​

メンズTシャツは着丈が決め手!ベストな長さの測り方は?

デカすぎはかっこわるい!オーバーサイズTシャツの正しい選び方


有限会社ビービーパーム

有限会社ビービーパーム

弊社はTシャツ、トレーナー、パーカー、ブルゾンを中心に衣料品、雑貨等をお安く、ご満足頂ける商品を豊富に取り揃えております。(生後6ヶ月の赤ちゃん用から女性用、メンズのビッグサイズまで、あらゆるサイズに対応可能です。) 1枚から1万単位の大口のご注文まで、業務用卸し価格にて個人の方から企業様どなたでもご利用頂けます。

業界最安&最大級の品揃え!無地アイテム卸販売&オリジナル作成!

★無地Tシャツ、パーカー、ポロシャツ、ロンT、スタッフジャンパー…等を業務用卸価格にて販売。企業様から個人の方でも1枚から格安で通販可能です。
★ほとんどの無地アイテムにオリジナルのプリントや刺繍加工が格安で入れられます。
★記念品、OEM、ノベルティ、企業販促商品等、オリジナル製品の生産承ります。

Tシャツ、ポロシャツ、パーカー、スウェット激安卸通販&オリジナル作成のオレンジパーム

人気記事ランキング

会社情報